お金借りるための総量規制について

お金借りるためには総量規制という法律に従わなければなりません。総量規制では年収の3分の1までに融資の金額が限定されています。つまり、年収が420万円の人なら、融資の金額は最大で140万円となるわけです。
しかし、融資の金額が最大で140万円となると、必要なものを購入することができなくなります。生活に必要なものを購入することができないとなると、何かと不便でしょう。総量規制では、このような事を考えて、除外の規定があります。
例えば、不動産を購入する場合のローンは規制の対象外となります。ですから、総量規制があったとしても、住宅ローンを組むこともできますし、住宅ローンのためのつなぎ融資を利用することもできます。→インターストラクチャー株式会社

また、自動車を購入するためのローンも除外されています。
このように、お金借りるための総量規制では、いろいろな例外項目があります。目的を定めずに利用するキャッシングなどだけが対象となっていると考えればよいでしょう。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年5月30日 15:45に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「身分証明証の提示方法は」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。