お金借りるための規制について

今日までお金借りるための金額には一定の規制があります。本来ならば業界側が自主的に規制を行うべきなのですが、その機能が働かなかったために、法的な規制がなされたといえるでしょう。金融機関は、返済可能性を判断して融資を行うことが必要となります。きちんと返済される人に対して貸付を行うのが健全な金融機関のあるべき姿だといえるでしょう。それが行われなかったために、法律によって返済が可能な金額までしか融資を行えないように規制されたのです。
その金額というのは、年収の3分の1です。年収の3分の1を超える融資は受けられないことになっています。例えば、年収が360万円の人なら、総額で120万円までしか借りることができません。年収が360万円あれば、120万円くらいなら返済できるだろうと考えられているのです。将来的にはこの金額が変更されるかもしれませんが、現在のところはこのような規制がかけられていて、利用者は守られているのです。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年8月 8日 14:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「万田酵素の「ひと粒のちから」」です。

次のブログ記事は「<債務整理をした時期が問題>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。